MENU

カードローンで一時的に対処

怪我で仕事ができなくなると、収入も途絶えてしまうでしょう。そんなときは、一時的にカードローンで生活費を捻出してもいいです。ローンは計画性を持たずに使うからダメなのであって、目的が明確であり、返済計画をしっかりと立てることができるならば、何の問題もありません。

 

パート・アルバイトといった方は、時間や日数に応じた給与形態となっていますので、休日が多くなるほど給料は少なくなります。しかし、焦って仕事をして怪我を悪化させれば、ますますお金がかかることになるでしょう。そんなときは、ゆっくりと休養して、怪我を治してしまうことです。ただし、そのためには病院の治療費も必要ですし、入院するための費用、働けなくなった分の生活費の確保など、いろいろとお金がかかります。

 

カードローンは生活費に使用するのは好ましくないとされますが、一時的な問題解決のためであれば、まったく問題はありません。カードローン会社でも、ローンの用途例として怪我・病気などの治療をあげているくらいです。

 

しばらく働けなくなったときは、当面のお金をローンで捻出して、同時に治療が終わって働けるようになったときの家計も考えていく必要があります。働けないときこそ、家計を見直す最大のチャンスとも言えるでしょう。
オリックス銀行で借りてみる